古いお友達数人と温泉お泊り 友達と言うのは良いものです!!

学生時代数人のお友達と有名な古びた温泉にお泊り。

 

友達と言うのは幾つになっても良いものです!!

 

 

年一回のペースで学生時代の友達数人と一泊しますが、

幹事はずっと同じ方が担当してくれています。

 

自分で事業を起こした友達ですが、

学生時代の理工系の科目とは全く畑違いの部門を、

大学卒業後に働きながら勉強して税理士の資格を取得した、

とても頑張り屋さんが税理士として事業所を開設し、

従業員を抱えながら事業を展開しているその友達が、

毎年幹事として皆に案内状やメールなどで、

今年はどこそこでやるよ~! と連絡してくれます。

 

爺やはその案内に乗っかるだけですがね。

 

毎年のこと(新型コロナ騒ぎの時は中止してました)ですが、

皆で露天風呂に入っていろんな話で長風呂に。

 

そして、夕食の晩酌は皆同じく年寄りなので程々にしながらも、

話しに華が咲きます。

 

良いものです。

 

毎年だいたい同じ顔触れが集まりますが、幹事は大変だと思います。

 

大学を卒業してから20年後辺りから彼が発起人となり、

それから30年近く彼がずっと嫌な顔せずに毎年引き受けてくれます。

 

もうそろそろ終わりか? と言いながらも、

否、まだまだじゃね! と 反対意見無し! で、

続いています です。

 

しかし、友達と言うのはなぜ良いのだろう? と、

考えてみたのですが、

利害関係は無いし 上下関係も無い。

 

久しぶりに会うのに挨拶はお互いに

 

オ~~~! 元気か~!

 

仕事のような堅苦しい挨拶は抜きでも皆何とも思わない!

 

一年ぶりならぬ数年ぶりに会う友も有ったりするもので、

お互いに老けたと思っているのは分かっても当たり前にスルーし、

アレ!お腹引っ込んだな どうした? 大丈夫? と気遣いするなど、

良いものです。

 

あるのは忘れかけているありふれた昔の記憶で、

二十歳前後に同じ学生時代を、

同じ学科で過ごしたと言う共通の事しかないから、

他の余計な利害関係や上下関係や年令的な関係など無いから、

良いんですよね~~~!!

 

煩わしい人間関係も無く、

お友達数人と毎年場所を変えながら有名な古びた温泉にお泊り。

 

 

友達と言うのは幾つになっても良いものです!!

 

皆さんも、同じように集まる機会があると思いますが、

大事にしていただきたいですね。

 

【広告】
世界標準の骨を使った直線運動上達法!!ゴルフ上達法革命とは !!