将来を夢見て頑張るのは素敵なことですよ!例え夢破れてもです!

将来を夢見て頑張るというのは素敵なことです。

 

但し、夢に向かって突き進んでも、

必ず夢が叶うとは限らないのが現実です。

 

例え結果的に夢が破れてしまったとしても、

将来を夢見て頑張ってきたということは、

素敵なことです。

 

将来に自信が持てるようになるかもしれません。

 

「頑張ること」と「結果が得られること」 とは別問題です。

 

頑張ることで望んだ結果が得られる とは限らないのです。

 

 

そんなのは当たり前 と思っておられる方も多いと思いますが、

実際に経験するとその考え方に厚みが生まれます。

 

そして、成功して自分の夢を現実のものとされた方も多くいらっしゃいます。

 

頑張って結果を残した方々は成功した体験としての考え方に、

厚みが生まれます。

 

頑張っても頑張っても、

将来の夢を現実のものとすることが出来なかったとしても、

或いは、頑張って頑張って、

ついに夢を現実のものにすることが出来たとしても、

大切なのはその後です。

 

どうしてか? 皆さんは良くお分かりだと思います。

 

「勝って兜の緒を締めよ」 と言う言葉があります。

 

また夢破れたとしても何も卑屈になる必要はありませんし、

胸を張って欲しいと思います。

 

夢破れたからと言って人生が終わった訳ではありません。

 

将来に向かって生きるための努力をされて来たのですから、

次の夢に向かって頑張れるかもしれませんし、

燃え尽きたとしても生きていれば何とかなると言う、

あっけらかんとして生きて行けるかもしれません。

 

夢に向かって頑張って突き進んだ結果、

その夢を夢ではなく現実のものとして手中に収めたなら、

それはそれで胸を張ることが出来ます。

 

 

しかし、夢を現実のものしたからと言って、

自慢を振りかざしてはいけません。

 

お手本となるよう更なる努力を続けなければなりませんね。

 

目標に達したからと言って終わったのではないのです。

 

将来の夢に向かって頑張って頑張って突き進んできた結果、

夢を手中に収めることが出来た人も 夢破れてしまった人にも、

爺やは応援しています。

 

【広告】
【伊藤潤一式】口臭消滅プログラム