学校で学ぶ事だけが勉強ではなく、仕事も含め社会で学ぶ勉強も大切!

一口に勉強とは言っても多岐にわたりますが、

何も学校で学ぶ事だけが勉強ではありません。

 

仕事も含め社会で学ぶ勉強も大切です。

 

いずれにしても、勉強は楽しくありたいものですが、

学校であれば嫌いな科目はつまらないかもしれないし、

成績に関係無く好きな科目を勉強するのは楽しいかもしれません。

 

仕事も含め社会で学ぶ勉強においては、

給料や報酬をもらいながら学べます。

 

資格取得や昇進試験に伴う勉強なんかは好きだの嫌いだの、

言ってはいられません。

 

 

将来の夢や生活が掛かっている資格取得や昇進試験は、

ある意味学校での試験よりしんどいかもしれません。

 

大昔の爺やが学生時代の頃は、

数学と物理の成績はアップアップ状態であったにもかかわらず、

なぜか問題を解く楽しみがあり好きでしたね。

 

英語と化学は今でも覚えていますがハッキリ言って嫌いでした。

 

だから成績は言うまでもなかったと思います。

 

社会はあまり好きではなかったのですが、

何故か、好きではない科目で点数を稼いでいたように記憶しています。

 

国語は程々で常に義理チョンだった思います。

 

なので、高校3年になる時の文系か理系かの選択では、

迷いもなく成績が悪くとも理系選択でした。

 

一応大学では工学部の大学に進学したのですが、

案の定アップアップ状態で就職するときは単位不足で、

卒業見込みが出ない状態での就職活動でありましたし、

面接だけの企業に絞って内定を取り付けたことで、
(インフラ関係の職種ですが生涯の職種となりました。)

やっとの思いで4年で卒業することが出来ました。

 

ただ、大学卒業式の時の大学総長の挨拶の中での言葉で、

未だに記憶しておりますが、

大学での勉強は勉強の仕方を勉強してきたのであり、

本当の勉強はこれからであり社会に出たからである!

と言うような事をおっしゃっておられました。

 

何とか4年で卒業できた当時の爺やではありますが、

なるほど と思えたお話しとして未だに記憶に残っております。

 

日々の生活に追われる毎日であろうとは思いますが、

ふと立ち止まったりちょっとした気付きなど、

仕事のみならず少しでも感受性を豊かにすれば、

大切な学びの材料は日々の普段の生活の中に、

ゴロゴロ転がっておいります。

 

 

仕事バリバリの若い世代の皆様方。

 

会社や職場や就業環境であったりなどなどにおいて、

様々な不満もあるかもしれませんが、

仕事をさせていただいているという感謝を忘れることなく、

そして、社会に出ても勉強するという学びの姿勢で、

お仕事頑張っていただきたいと思います。

 

【広告】
英検1級試験合格マニュアル