花粉症問題が国民病とも言われているとして国会の論議に!

花粉症問題が国民病とも言われているとして、

岸田総理からも答弁がされるなど、

国会の論議になりました!

花粉症として言われる1月~3月の、

3カ月間のスギ花粉の飛散によって外出を控えるなど、

外出の減少による消費の落ち込みは社会に大きな影響となります。

 

2023年6月13日に報道された同期間の、

花粉症と思われる外出減による消費の落ち込みは、

民間試算によると3,800億円の経済損失と試算されました。

 

 

そのことが国会の議論にも上がり、

岸田総理からも、

もはや我が国の社会問題と言っていいような問題である」

との見解が示され、

発生源対策、発生の予測、予防、治療、

などの様々な対策が求められるとのことで、

これらをどう組み合わせて、

効果的な組み合わせを作って対策を行うことが重要、

との答弁がありました。

 

しかし、国会でも取り上げられることになってしまった花粉症ですが、

もはや、首相の言うように国民病と言っても過言ではなくなっています。

 

その発生源の対策は個人レベルで対応できるものではなく、

少花粉杉や無花粉杉に植え替えを進めるとのことで、

国策ともなれば税金も投入されることになります。

 

しかし、一人一人の個人における予防や治療に対しては、

どうなんでしょうね?

 

ただ、私たち個人においては国に頼るより、

個人で出来る花粉症対策もあると思います。

 

それは体質改善が望まれるのではないでしょうか?

 

爺やは今のところ花粉症ではないので大丈夫ですが、

春先のスギ花粉による花粉症の方は辛いようですね。

 

そんな花粉症体質を改善するための方法として、

「リノール酸低減式花粉症対策」をお勧めします。

 

詳細については「リノール酸低減式花粉症対策」の、

公式HPをご覧いただきたいと思いますが、

とても多くの方々が花粉症を克服されています。

 

 

有料(9,800円)で、

マニュアル全70ページ ダウンロード版、

ではありますが自分で出来る花粉症対策です。

 

花粉症で日々辛い思いをされているなど、

花粉症にお悩みの方は是非とも公式HPより詳細をご覧ください。

 

確かに花粉症と言う病気には様々な症状や病状があり、

その効果には個人差がありますので、

全ての方に対して効果があることを保証するものではありませんが、

もし治らなかった場合においては2年間の100%返金保証があります。

 

また、花粉症は春先のスギ花粉みならず、

一年を通して様々な花粉が舞います。

国会でも議論され今や国民病と称される花粉症ですが、

そんな花粉症にお悩みのあなた。

 

リノール酸低減式花粉症対策は、

一年を通して有効な花粉症対策ですので、

花粉に対する体質改善で、

個人で出来る予防や治療にお役立ていただけば幸いです。