大卒の新社会人さん 大卒の誇りは持っても振りかざしてはいけません

大学卒業いわゆる大卒の新社会人さん。

 

大卒であるという誇りは持っても、

大卒の肩書きを振りかざしてはいけませんよ!

 

例え入社同期の方が高卒の方や中卒の方であっても、

俺は 私は 大卒だからね! といった肩書きで、

一緒にしないでよね! 感 で高ぶったような態度で、

高卒の方や中卒の方を見下ろすような態度ではダメです。

 

或いは、先輩が高卒或いは中卒の方で年下だからと、

大卒の肩書きを振りかざしてはいけませんし、

年下でも仕事では先輩であるわけですし、

敬意を払うのは至極当たり前です。

 

そもそも、大卒と言う方はたくさんいらっしゃいますし、

大卒でそんな社会的常識も分からないの?

と、疑われるかもしれませんし、

そもそも、先に会社や仕事先に先に入った方々が、

仕事における先輩であります。

 

 

大卒の肩書きを振りかざすようでは、

ハッキリ言って使い物になりません。

 

〇〇大学の大卒であるという誇りを持つことは、

自分の歴史に誇りを持つと言う事でとても良い事です。

 

しかし、大卒でも新社会人さんに間違いはなく、

実社会では新人さんに間違いはないのです。

 

確かに学生時代にアルバイトなどで実社会での経験がある、

と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

 

アルバイトでも責任を持って社会に貢献してきた、

と言う方など社会人としての経験がある、

と言うかも知れません。

 

しかし、やはり違います。

 

社会人として誰にも頼ることなく、

自活していかなければなりません。

 

誰かの後ろ盾があるのと無いのとはやはり違うのです。

 

大卒ならばそれなりの礼儀を持ち合わせて当たり前です。

 

それが、大卒風をふかすのは礼儀知らずで、

逆に大学で何を学んできたの?

と、首を傾げられることは間違いありません。

 

それは、場合によっては誇りにしていた大学の名に、

キズを付けることにも成り兼ねません。

 

従って、大卒であるという誇りを持つことは大切かもしれませんが、

大卒の肩書きを振りかざしてはいけないのです!

 

 

就職先の仕事の内容は知らされていても仕事は知らないわけで、

誰でも初めからプロであるはずが無いのです。

 

従って、大卒であることはチャラにする こと にして ではなく、

チャラに する ことが大切です。

 

何も分からないのは当たり前ですから、

当たり前に一から学ぶことが大切ですし、

大卒だから と 分かったようなふりは良くありません。

 

分からなければ勇気をだして ”聞く” その姿勢が大切ですし、

分かっていても勇気をだして ”確認する” ことが大切です。

 

単なる ”お茶くみ” されど ”お茶くみ”

の意味や大切さを考えることなく、

大卒の私がいつまでお茶くみ?! なんて思うようでは、

ハッキリ言って使い物になりません。

 

中卒であろうと高卒であろうと大卒であろうと、

社会に出たなら何よりも大切なことは、

「心」と「体」の健康であり、

これからの社会を支えて行く新人さんを爺やは応援していますよ。

 

【広告】
【伊藤潤一式】口臭消滅プログラム